46歳からのセミリタイア生活

21年間勤めた会社を退職し、第2の人生をスタート!

「ありがとう」の反対語を知って気持ちがほっこりしました

     f:id:nahonestly:20201022105607p:plain

こんにちは

突然ですが、皆さんは「ありがとう」の反対語をご存知でしょうか?

 

「ごめんなさい」

「すみません」

あたりを思い浮かべる方が多いかもしれません

 

正解は「あたりまえ」だそうです

 

ありがとうを漢字で書くと「有難う」となります

言葉の意味は「有り」「難い」で、有ることが難しい状態のことです

つまり、「めったにないこと」や「とても珍しいこと」に対して感謝するのが、ありがとうの語源なんですね

めったにない珍しいことの反対の意味なので、「当然のこと」「あたりまえのこと」というわけです

 

私たちは普段、いろいろなことを「あたりまえ」として認識しています

朝起きてあったかい布団に包まれていることも

家族と一緒に暮らしていることも

駅に行ったら時間通りに電車がホームにやってくることも

お金を払ったら金額に相当するサービスが受けられることも

 

それらはすべて、あたりまえなんかじゃなく

誰かが一生懸命に働いているから

いろんな偶然が積み重なってきたから

その結果として、あるはずがないくらい貴重な、奇跡のような今この瞬間を

私たちは過ごしているのではないだろうか

 

そう考えたら、いろんなことに対する感謝の念がわいてきて

今日は朝からほっこりした気持ちになりました

 

私がセミリタイアしたことだって、自分の意志で決断したと思いがちだけれど

会社の人たちが気持ちよく送り出してくれたり

何より妻が肯定的に受け止めてくれたから

今の状態があるんだなって、あらためて感じました

 

これからも、色んなことに対して「あたりまえ」と捉えずに

感謝しながら過ごしていけたらいいなと思います

 

 

ちなみに、今回ご紹介したありがとうの意味は、私が定期購読している「日本講演新聞」に載っていました。

日本講演新聞は、普通の新聞とは異なり、いろいろな講演会を取材して面白かった話や感動した話などを、掲載している新聞です。

 

Web版もあるので、ご興味があればのぞいてみてください

miya-chu.jp

 

  

※関連ブログはこちら
にほんブログ村「ライフスタイルブログ」
にほんブログ村「セミリタイア生活」
にほんブログ村「40代セミリタイア生活」