Honest life

40代会社員の日々学んだこと

腰痛に効果あり! 「ゲルクッション」でリビング椅子が高級チェアーに早変わり

f:id:nahonestly:20200712161928j:plain

こんにちは。

当ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

コロナ禍での自粛要請にともない、わたしが務めている会社でも4月から5月ごろは半強制的なテレワークになっていました。

そのときに困ったのが、「自宅のイスで長時間パソコン作業するとお尻や腰が痛い」問題でした。

 

わたしはもともと腰痛持ちのため、これはかなり悩ましい問題でした。

オフィスチェアーは長時間座っても腰に負担がかかりにくい設計になっていますが、自宅の椅子はリビング用の普通のイスなので、1日中仕事をするには向いてないんですよね。

 

この腰痛の悩みを一発で解決してくれたのが、今回ご紹介する「ゲルクッション」です。

 

ゲルクッションを使った感想

下の写真は自宅のイスにゲルクッションを乗せた状態です。 

f:id:nahonestly:20200712165032j:plain

(写真)筆者購入の「ゲルクッション」

 

ゲルクッションのメリットを挙げてみます。

 

  • 体圧が分散されるのでお尻や腰への負担が軽くなる
  • 通気性に優れており、蒸れにくい
  • 洗えるので清潔

 

実際に使用してみて「とても座りやすくてぜんぜんお尻が痛くならない」ことに驚きました。

いまでは、テレワークやブログ作成など自宅で長時間座っていても快適に作業できています。

「腰に負担がかからないよう、自宅用にちょっと良いイスを買おうかな」と考えたこともあったのですが、このゲルクッションのおかげで、リビング用のイスがまるで高級チェアーのような座り心地になりました!

 

f:id:nahonestly:20200712165111j:plain

(写真)ハニカム構造のゲル素材で体圧分散

 

腰痛がひどい方のためのゲルクッション使用法

ところで、このゲルクッションをさらに効果的につかう方法があります。

それは下の写真のように「ゲルクッションを二つ折りにして座る」ことです。

とくに腰痛にお困りの方はぜひ試してみていただきたいです。

 

f:id:nahonestly:20200712170041p:plain

(写真)筆者オススメのゲルクッション使用法

 

ゲルクッションを二つ折りにして座ると、イスと太もものあいだに「すき間」ができます。

この座りかただと背筋がまっすぐになるので、よい姿勢を保つことができます。

腰痛持ちの人は、座るときの姿勢を改善することも大事な腰痛対策になると思います。

 

また、座るときの姿勢ということでは「イスの高さ」も重要です。

座ったときに両足が地面についた状態で、「ヒザの角度が90°」になっているのが理想とされています。

 

(補足)

リビング用の木製イスだと高さ調整ができないので、自分にあった高さのものを購入するのは難しいです。

ちょっと手間ですが、わが家の場合は「ノコギリでイスの脚を切って」高さを調整しました。

 

筆者購入のゲルクッション 

 

わたしが購入したゲルクッションを紹介しておきます。

自宅用にはやや大きいサイズのものを選びました。

 

 

また、会社用には普通サイズのものを。

会議室などではイスの座面が固い場合もあるので、「ゲルクッション」をあちこち持ち歩いて使っています!

 

 
おまけで、イスの脚を切るときにつかったノコギリのリンクもつけておきます。
折りたたみ式でコンパクトに収納できるし、小さいながらもよく切れるので、一つ持っておくと便利です。 
 

 
 
腰痛にお悩みのかたは、ぜひゲルクッションを試してみてください。
さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。