Honest life

40代会社員の日々学んだこと

自宅のWi-Fi電波を計測してみました【テレワーク環境改善】

f:id:nahonestly:20200518220602j:plain

 

テレワーク時に、自宅でWi-Fi(ワイファイ)を使用していて「インターネットにつながりにくいな」と感じることはないでしょうか?

そんなとき、Wi-Fiルーターから遠い場所で仕事されているなら電波強度をチェックしてみることをお勧めします。

わたしの自宅で実際にチェックしてみた結果を参考までにご紹介します。

電波強度は簡単に測定できますので、気になる方は試してみていただけたらと思います。

 

 

「Wi-Fi」「Wi-Fiルーター」とは何か

Wi-Fiとは、パソコンやスマホなどを無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続するための通信規格です。

自宅や職場などでWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要となります。Wi-Fiルーターとは、電波をパソコンやスマホに届けるための装置です。

Wi-Fiルーターからの電波は、距離が遠いほど弱くなる性質があります。あいだに障害物があると、電波が遮られてより届きにくくなります。

 

電波強度の測定法

まず、スマホで電波強度を測定する無料アプリをインストールします。

お手持ちのスマホが「iPhone」ならApp store、「Android」ならPlayストアから「Wi-Fi」「電波強度」などでキーワード検索するといろいろなアプリが表示されます。

どれでもよいと思いますが、わたしは『Wi-Fiアナライザー』を選択しました。

今回、自宅での計測場所は次の3ヶ所としました。

 

  1. Wi-Fiルーターのそば
  2. 中継器のそば
  3. 仕事してる場所

  

f:id:nahonestly:20200519060614p:plain

各デバイスの位置関係

 

電波強度の測定結果

1. Wi-Fiルーターのそば

『Wi-Fiアナライザー』を立ち上げると、下のような画面になって自動的に電波計測が始まります。

左側が2.4GHz(ギガヘルツ)帯の結果、右側が5GHz帯の結果です。

f:id:nahonestly:20200518211543p:plain

Wi-Fiルーターのそばで測定

このとき、「山が高いほど、電波が強い」ことを示しています。山の頂上付近にデバイスの名前と距離が表示されます。

Wi-Fiルーターのすぐ近くで計測していますので、2.4GHz、5GHzとも「0 m」となっています。

また、わが家には『Wi-Fi中継器』も設置しているため、中継器からの電波強度も表示されています。

中継器については別記事で説明しています。

Wi-Fi中継器を使ってテレワークの通信環境を改善しよう - なおねすのブログ

 

なお、画面上にはたくさんの「山」が表示されています。これは集合住宅であるため、隣人のWi-Fiが届いてるってことです。

 

(補足)

Wi-Fiには2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯があります。なので電波強度を調べるときも、それぞれの電波強度を確認しましょう。

各周波数帯の特徴を簡単にいうと次のようになります。

  • 2.4GHz 遠くまで届くけど通信速度は遅い
  • 5.0GHz 通信速度は速いけど遠くまで届かない

 

2. 中継器のそば

次に、中継器のそばでの測定結果です。

f:id:nahonestly:20200518213007p:plain

Wi-Fi中継器のそばで測定

今度は、中継器の「山」が高くなっています。

また、Wi-Fiルーターの電波もちゃんとひろっています。中継器はWi-Fiルーターの電波がしっかり届く場所に設置しないと意味がありません。

 

3. 仕事してる場所

最後に、仕事場所での測定結果です。

f:id:nahonestly:20200518213159p:plain

仕事場所で測定

Wi-Fiルーターからはずいぶん遠くなり、2.4GHzでは電波強度を計測できていますが(12 m)、5GHzでは表示されていません。やはり、5GHzは遠くまで届きにくいことがわかりました。

一方、中継器の電波はしっかり届いています。

なお、電波強度や表示される距離はけっこうアバウトです。測るたびに誤差が大きいので、少し時間をおいて何度か確認したほうがよいと思います。

 

まとめ

Wi-Fi電波強度はスマホアプリで簡単に計測できます。

Wi-Fiルーターの近くでテレワークされている方は問題ないと思いますが、別の部屋が仕事場となっている場合は、電波強度を確認してみることをお勧めします。

電波強度が弱いときは、中継器を設置することでより快適なインターネット環境にできるかもしれませんよ。