46歳からのセミリタイア生活

21年間勤めた会社を退職し、第2の人生をスタート!

1dayインターンシップに参加するときのマナーについて(服装編)

今日は1dayインターンシップに参加するときの服装ついて説明します。

もし、企業側からの指定がある場合(スーツ、ビジネスカジュアル、私服)はそれに従うのが基本です。

スーツという指定があるのに私服で行くのはもちろんNGですが、『私服でお越しください』と言われているのにスーツで行ったら浮いてしまうと思います。

 

実際には、とくに服装指定がない場合が多いのかなと思います。

指定がない場合は、まずスーツで行くのが無難です。

私が勤めている会社の1dayインターンシップでも服装は指定していませんが、参加される学生さんの8~9割はスーツです。

ビジネスカジュアルやきっちり目の私服でも問題はありませんが、その場合はあまりに場にそぐわない格好だと悪目立ちしてしまうので、それなりのコーディネートが必要です。

(私服の場合、さすがに短パンやTシャツはNGですし、デニムも避けたほうが良いでしょう。男性の場合なら、落ち着いた色合いのワイシャツやポロシャツとパンツを選ぶ感じかな。女性であれば派手な色や露出度の高い服装、帽子などはNGと思います。)

 

よほど普段からビジネスカジュアルのような着こなしができる人を除き、コーディネートに時間と労力を使うくらいなら、リクルートスーツで行くと最初から決めて、ほかのことに注意を向けたほうがよいでしょう。

 

ところで何を着ていくかのほかに、気をつけるべきことがあります(とくに男子学生は要注意です)。

それは『身だしなみを整えること』です。

ぼさぼさの髪型、寝ぐせ、フケ、よれよれのシャツ、鼻毛、、、

よく鏡を見て、シャツにはアイロンをかけて出かけましょう!

 

男性目線ではまだマシですが、女性目線では清潔感がないのはかなりの悪印象になってしまいます。

これは就職活動に関わらず、普段の生活でも言えることですが。オシャレな服装ではなく、男子たるものまずは清潔感を意識すべきです。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、1dayインターンシップに参加するときの服装は、とくに指定がなければスーツ一択で、身だしなみチェックを忘れずにお出かけください。