46歳からのセミリタイア生活

21年間勤めた会社を退職し、第2の人生をスタート!

他の銀行口座への振り込みはネット銀行が便利です

f:id:nahonestly:20200429205208j:plain

Steve BuissinneによるPixabayからの画像

長い間、三井住友銀行をメイン口座として使っていました。

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)を主に利用していたのですが、それほど不満もなく快適でした。

 

ところが、、、

2018年の4月に、その悲しい出来事は起こりました。

 

SMBCダイレクトを用いて他の銀行口座に振り込みをするとき、ポイントが溜まっていれば手数料無料で振り込みできます。

当時、月末時点で一定額以上の預金残高があれば、毎月ポイントが付与されるシステムだったので、自動的に貯まるポイントを使って振り込みをしていました。

 

ところが2018年の4月、このポイント制度が改定となり、残高に応じたポイント付与が廃止されてしまいました。

ポイントを利用しないと、他行あての振り込みは3万円未満で220円、3万円以上で440円の手数料がかかります。

3万円振り込むのに440円余分にかかる(手数料約1.5%)というのは、ぼったくりと感じてしまいます、、、

 

そこでこれを回避する方法がないか調べた結果、ネット銀行に行き着きました。

代表的なネット銀行として、「イオン銀行」、「楽天銀行」、「SBIネット銀行」などがあります。

 

私は楽天銀行を選んで口座開設しました。

楽天銀行の口座では、残高が100万円以上の場合もしくは、楽天銀行口座を給与/賞与/年金の受取口座に指定し、実際に「給与」や「年金」の受取があれば、他行への振込手数料が3回/月無料になります。

 

これで私の「220円~440円の振込手数料もったいない問題」は簡単に解決しました。

それ以来、継続して楽天銀行口座を利用しています。

 

さらに、楽天銀行口座には以下のようなメリットもあります。

 

・コンビニや他行のATMで手数料0円

口座残高に応じてATM利用手数料が無料になります。

口座残高100万円であれば月5回まで無料です。

 

・メガバンクと比べて圧倒的に高金利

メガバンクの普通預金の金利は0.001%(税引き前)です。100万円預けてたら、年間10円の利息が得られます。

10円って、、、、

 

一方、楽天銀行の普通預金金利は0.02%で、メガバンクの20倍です。

さらに、「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、0.10%にアップします。

なんとメガバンクの100倍ですね。100万円預けてたら、年間1,000円の利息が得られます。

なぜ高金利が実現するのかというと、ネット銀行は店舗を持たないためコストが削減できるのが大きな理由だそうです。

 

ちなみに、「楽天証券」の口座開設も手数料はかからず、とくに資産運用などしなくても問題ないので、楽天銀行とセットでの口座開設をお勧めします。

  

 ・スマホアプリで簡単操作

専用のスマホアプリを使えば、口座管理や振り込みなども簡単に行なえます。

私も使ってますが、分りやすくて操作性も問題ないです。

 

以上、簡単ですが楽天銀行のメリットをお伝えしました。

楽天銀行以外の大手ネット銀行でも、似たようなメリットはあると思いますので、ぜひ快適なネット銀行ライフを体験してみてください。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。