46歳からのセミリタイア生活

21年間勤めた会社を退職し、第2の人生をスタートしました

#転職

転職しなくても「転職活動」はしておいた方がよい理由

一つの会社に長く勤めていると「自分の市場価値が把握できていない」まま年齢を重ねてしまう可能性があります。その状態で転職しようとすると失敗しやすくなります。そうならないために、若いうちからお試しでも転職活動を体験しておくことをお勧めします。

会社をダメにする老害社員の特徴とは?

こんにちは。 当ブログにお越しくださりありがとうございます。 皆さんは「老害」と聞いてなにを思い浮かべるでしょうか? 気難しい顔の老人でしょうか? 老害とは「他人(とくに若い人)に迷惑をかける老人」のことを意味しています。 また、老人ではなくて…

働き方改革が職場にもたらす負のスパイラル

こんにちは。 働き方改革が進行する一方で、逆に中間管理職の業務量や心理的負担が増大していることを、先日の記事で紹介しました。 www.nahonestly.com この状態を放置すると、企業の存続を左右しかねないダメージを受ける可能性があります。 今回は、働き…