なおねすのブログ

40代会社員の日々学んだこと、感じたこと。

#働き方

ビジネスマナーを身につけるための4つの基本とは【若手社員のための仕事術】

今回の記事では、ビジネスマナーを習得するうえで「ここが重要」とわたしが思う4つのポイントについてご紹介します。 普段、中間管理職として年配から若手社員まで広い世代と接している経験からお話ししますので、若手社員の皆さんの参考になるかと思います…

ビジネスマナーって本当に必要なの?【若手社員のための仕事術】

ビジネスマナーって本当に必要でしょうか?「ビジネスマナーは絶対に必要とはいえない」と私は思っています。なぜなら、ビジネスマナーは手段のひとつであり、仕事の目的は世の中の役に立つ製品やサービスを生み出すことだからです。手段のひとつと捉えるこ…

在宅勤務前後での歩数変化を確認してみました

政府の緊急事態宣言以降、在宅勤務する人が増えるなかでさまざまなメリット、デメリットが取り上げられるようになりました。 在宅勤務のデメリットとしてかならず上位にくるのが「運動不足」です。 わたしも1週間くらい在宅勤務をしてみて運動不足を感じたの…

緊急事態宣言をうけて在宅勤務(自宅型テレワーク)になりました

緊急事態宣言を受けて、先週末から在宅勤務(自宅でテレワーク)になりました。実際にやってみて『これむっちゃいいやん!』と思いました。 少し不便なところもありますが、おおむね快適に仕事できてます。まだ数日間ですが、在宅勤務してみてよかったこと、…

緊急事態宣言の影響を受けています

本日(2020年4月7日)、7都道府県への緊急事態宣言が出されました。わが大阪府でも府民に対して外出自粛、在宅勤務や時差出勤などの取り組みが要請されています。 私が勤めている会社でも在宅勤務の指示が出ました。 指示を出すほうは言うだけですが、現場は…

お金だけじゃない! 仕事を通して得られる3つの『よろこび』

新型コロナウイルスの影響で入社式を中止、縮小する企業も多く、例年とはちがう重い雰囲気のなかで2020年度が始まりました。 今回は、仕事を通して得られる3つの『よろこび』についてご紹介します。これから始まる社会人生活に期待と不安を感じている新入社…

コロナ自粛でムダ会議が減ったようだ

今日から2020年度が始まりました。 私の職場にも数名の新メンバーが加わり、新しい風が吹き込んできました。心機一転、取り組んでいきたいです。 皆さんは最近、ニュースをみる頻度が高くなっていないでしょうか? 私はすごく増えています。コロナウイルス関…

働き方改革で本当に変えるべき企業文化とは

前回までの記事では、働き方改革の間違った進め方がもたらす弊害についてお伝えしてきました。 www.nahonestly.com www.nahonestly.com www.nahonestly.com 働き方改革が『残業時間の上限規制』中心に進み、業務量減少や効率性の向上が遅れることによって、…

働き方改革が職場にもたらす負のスパイラル

働き方改革が進行する一方で、逆に中間管理職の業務量や心理的負担が増大していることを先日紹介しました。 www.nahonestly.com この状態を放置すると、企業の存続を左右しかねないダメージを受ける可能性があります。今回は、働き方改革の失敗がもたらす最…

働き方改革が従業員のモチベーションを低下させるメカニズムとは

政府主導の働き方改革が進められるなか、職場では残業削減や年休取得推進など、労働時間を減らすことに焦点が当てられています。 たしかに常識を超えた多残業は解消せねばなりませんが、とくにブラックでもない普通の企業で労働時間だけを減らそうとすると、…

働き方改革で苦境に立たされる中間管理職の悲哀

いま、中間管理職がピンチを迎えています。 働き方改革が進行する中で、逆に中間管理職の業務量や心理的負担は増大しているのです。 私自身、中間管理職の一人として同じことを感じていたのですが、その感覚を裏付ける調査結果がパーソル総合研究所から出て…

中間管理職になることのデメリットとは

前回は中間管理職になることのメリットについてお伝えしました。 www.nahonestly.com 今回はそれとは逆に、中間管理職になることのデメリットについて解説します。 中間管理職になることのデメリット 業務が多忙になる 責任が重くなる 上司と部下の板挟みに…

中間管理職になることのメリットとは

あなたは『中間管理職』と聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか? 『上司と部下の間に挟まれてたいへんそう』とか『プレーイングマネージャーになったら業務量が多くてつらそう』というように、ネガティブなイメージを持つ方も多いかもしれません。確…

読めばメール作業が本当に速くなる『アウトルック最速仕事述』

アウトルック最速仕事術 年間100時間の時短を実現した32のテクニック 作者:森新 発売日: 2019/03/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) 皆さんの職場ではどのメールソフトを使用していますか? マイナビの調査によると1位はアウトルック(38.7%)で2位のG…

部下から悩みを相談されたときの対処法

中間管理職になるとチームメンバーからいろいろな悩みを相談される機会が増えます。 そのようなときに、やってはいけないことがあります。 それは『相手の話しを遮って、解決策を提示すること』です。 これは本当についやりがちで、私もリーダーになったばか…

なぜ人は働くのかについて、なぜ私たちは考えるのだろうか

遠いむかし、私たちの祖先は獲物を追いかけたり、土を耕したりして生活していました。 生きていくために必要な食糧を得ることが、イコール働くということだった時代。 つまり、働くとは生きることそのものだった。 そんな時代に働く意味を考えている人なんて…

男性と女性、職場で一緒に働きやすいのはどちらでしょうか?

男性と女性、職場で一緒に働きやすいのはどちらでしょうか? おそらく男性は、同性とのほうが働きやすいと答える人が圧倒的に多いでしょう。 女性はどうでしょうか。やはり同性が働きやすいと答える人が多いかもしれませんが、私の周りでは『女性は人間関係…

人は結局、誰かのために働きたいのかも シェアリングエコノミーが隆盛する社会

先日、ココナラというスキルシェアサービスを使ってブログのプロフィール画像用の似顔絵を手に入れました。 それで興味が出て調べてみたところ、実に多くのサービスサイトが存在することに驚きました。 ココナラに類似したスキルシェアサービスだと、教える…

ベトナム旅行でGrab (東南アジアで人気の配車サービス)を使ってみた

Nhân NguyễnによるPixabayからの画像 先日、ベトナム(ホーチミン&ハノイ)旅行にいってきました。 現地での移動手段についてインターネットで調べていたら、タクシーやバスの他に、Grab(グラブ)という見慣れない文字が! 何のことかと調べてみると、スマ…

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)女子?

最近、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)という言葉を耳にするようになってきました。 RPAとは、パソコンで行う事務作業(主にルーチン的な作業)を、ソフトウェア型のロボットが代行して自動化する概念のことです。 人間が作業するより、正…